前へ
次へ

ネットについての教育も必要な現代

すっかりインターネットが普及した今、子どもたちにネットでのマナーやルールを教えることも必要です。
それは子どもたち自身の身を守ることにもつながるからです。
まずはネットで個人情報を書き込まない、というのは真っ先に教えるべきことでしょう。
SNSも普及していますが、メールのような感覚で個人情報をやりとりすると誰がみているか分かりません。
ネットに書いたことは半永久的に残り、必ず誰かにみられる、ということを教えましょう。
そして、年齢に応じたコンテンツを閲覧することも徹底させましょう。
子どもが有害な情報に触れないよう、ガードする機能もあります。
そして、ネットでやりとりするときは向こう側に人間がいることを忘れないようにさせましょう。
顔が見えないためについ感情のまま書き込み、トラブルに巻き込まれたりというのもよくある話です。
インターネットは節度を守って使えば有益な情報が無限に手に入るツールですから、上手につき合えるように導きましょう。

Page Top