前へ
次へ

自信が持てる人になるための教育を考えよう

日本人は外国と比べても幸せだと感じていない人が多かったり、自信が持てない人が多いかもしれません。
それだけ、目標が高いことが理由の一つでしょう。
教育の質を上げることで、より高い目標に到達できる人間になれるはずです。
一人一人の個性を伸ばし、自分に自信が持てる幸せな人間になれるように家庭だけではなく、国を挙げて考える必要があるのかもしれません。
ゆとり教育が導入されたこともあってか、学力テストの結果が悪くなったと言われています。
今では教育の質のことを真剣に考えるようにはなっていますが、共働き家庭が多くなると家庭での教育が難しくなるので、学校や塾などの質を上げないといけないでしょう。
自信過剰となる必要はありませんが、もっと堂々と生きられるように小さいうちからどうやって育てれば良いのかを親を中心に真剣に向き合わないといけないでしょう。
立派な教育をしていれば、自然と素晴らしい人間に育つはずなので、家庭や学校現場などは今以上に何をすべきかを考える必要があります。

Page Top